便秘解消法

便秘解消法いろいろ【10選】

便秘解消法

 

 

妊娠中は便秘しやすくなります。多くの妊婦さんが、便秘を経験されますので、特に珍しいことではありません。

 

妊娠初期の便秘というのは、黄体ホルモンが作用して起こります。妊娠すると、流産しないように、黄体ホルモンの分泌が盛んになるのですが、このホルモンには、筋肉をゆるめて、腸の働きを鈍らせる作用があるのです。また、精神状態も不安定になるため、自律神経にも影響を与えて、排便のリズムが乱れてしまいます。

 

中期以降の妊娠中の便秘は、大きくなった子宮が、骨盤の中に入り込み、腸を圧迫することで腸の動きが鈍くなり、便通を悪くします。

 

妊娠中であっても、便秘解消法は通常と大きな違いはありません。規則的な生活習慣と、食生活に気をつけ、適度な運動を取り入れるようにしましょう。妊娠中だからと安静にしているばかりでは、便秘はもちろん、安産のためにも良くありません。野菜や海草類、豆類など、繊維の多いものをたくさん食べるようにしましょう。また、カロリーオーバーにならない程度に、果物も積極的に食べましょう。果物は繊維も多いですし、甘いものは、腸内細菌の発酵を助けます。

 

便秘がひどい場合は、担当医に相談して、薬を処方してもらうと良いでしょう。妊娠中であっても便秘薬を使うこともOKです。ゲンタシン軟膏0.1%

 

 

続きを読む≫ 2016/12/04 21:13:04

 

 

妊娠すると便秘になりやすいのは、ある程度仕方のないことですが、普段から便秘しやすい方は、妊娠中の便秘は悪化することが多いようです。

 

妊娠したら便秘対策には、いつも以上に気をつかうようにしましょう。生活習慣の乱れや運動不足は、便秘をひどくする原因になります。規則正しい生活と、無理のない程度の運動、そして、バランスのとれた食事に、気を配るようにしてください。

 

 

繊維の多い食品を多く摂るようにして、水分不足にも気をつけます。果物やヨーグルトなどを食べるのも、便秘解消法として効果があります。便秘に効くオリゴ糖を摂るのも良いですね。天然の糖分ですから、妊娠中でも安心して食べることができます。

 

朝、起きぬけに牛乳やオレンジジュースを飲み、腸を刺激するのも良いでしょう。腸のぜん動運動を促します。また、便意を感じたらタイミングを逃さずに、トイレに行くことも大切です。できるだけ決まった時間にトイレに行くようにしましょう。

 

 

症状がひどくなってきたら、我慢をせずに担当医に相談しましょう。妊娠に影響しない薬を処方してもらえます。

 

今は副作用のない効き目の穏やかな便秘薬がありますので、心配いりません。

 

妊娠中は痔にもなりやすいものです。便秘がひどくなって、痔に進んでしまう前に、薬の力を借りて解決をはかることも、ひとつの方法です。

続きを読む≫ 2016/06/15 00:42:15

 

 

便秘に効くサプリを選ぶ時は、配合成分をよく確認するようにしましょう。便秘に効くサプリメントにも、いろいろな種類がありますが、腸内の環境を整えてくれて、自然な形で便秘の改善を促してくれる、身体に優しいサプリを選びたいですね。

 

便を軟らかくしてくれること、腸の運動を活発にしてくれること、これらの効果のあるサプリを選び、同時に水分をたっぷり取るようにします。腸内の善玉菌を増やし、悪玉菌を減少させるようなサプリだと、便秘解消にはとても効果があります。

 

 

便秘のサプリといっても、便秘薬のような、無理に便通を促すような、効き目の強いものはできるだけ避けましょう。薬と同じように、癖になってしまうと、服用がやめられなくなってしまいます。

 

また、便秘のサプリというと、センナが配合されているものも多いようです。センナは生薬で、便秘解消法のひとつとして役立ちますが、常用しているうちに量を増やさなければ効かなくなってしまいます。センナの入っていないものを選ぶのが賢明かと思います。

 

便秘を改善するには、食生活の他、生活習慣や運動不足にも気をつけて、規則正しい生活をするのが基本です。その上で、サプリメントを上手に利用しながら、つらい便秘の悩みを解消したいですね。

続きを読む≫ 2016/06/11 23:25:11

 

 

便秘の原因のひとつとして消化不良があります。消化がうまくいかないと、消化されなかった食品が腸内に残留して、便秘になります。これらが排出されないまま溜まると、宿便になってしまいます。

 

これは酵素が不足していて起こるため、便秘には酵素の存在が大きく影響を与えます。酵素不足で便秘になってしまわないよう、積極的に酵素を取り入れるようにしましょう。

 

 

野菜はできるだけ生で食べるようにします。火を通すと酵素がなくなってしまいます。パイナップルやパパイヤ、バナナ、キウイ、マンゴーは、酵素が豊富な果物です。

 

野菜ではレタス、キャベツ、ニンジン、セロリ、タマネギ、トマト、パセリ、ピーマン、ネギ、キュウリ、大根、青ジソなどを生で食べるようにしましょう。すりおろすと、酵素が何倍にも活性化されるそうです。大根おろしなどを付け合わせにするのは、理にかなった方法なのですね。

 

発酵食品にも酵素が豊富です。味噌や納豆、キムチなどには、身体によい酵素が含まれているので、ぜひ毎日の食卓に取り入れたいものです。

 

インスタント食品や加工食品が普及したことで、慢性的な酵素不足の人が増えているそうです。食生活を見直し、酵素を補うようにすると、便秘解消法としても役立つことでしょう。

 

続きを読む≫ 2016/06/11 23:23:11

 

 

不快な便秘を漢方薬で解消できたら、きつい便秘薬を飲むよりも体に優しい、そんなイメージがありますよね。ですが、漢方薬であっても、飲み方を間違えてしまうと、お腹が痛くなったり、下痢になったりと困った症状になることがあるそうです。

 

漢方では便秘をいくつかのタイプに分け、そのタイプや体質にあったものを処方してもらって飲むことが大切です。体力のある人、無い人、便がコロコロと乾燥していて硬い人、血液や水分が不足している人、身体を温める機能が低下している人、ストレスを受けやすい人、など、さまざまなタイプに分けられ、それらを組み合わせて薬が選ばれます。お産のあとや、生理のあと、なども関係があります。

 

また、便秘以外の症状が無い時は、西洋の便秘薬と同じように、一時的に使うことが多く、便秘以外にも症状が現れている時には、体質改善をしながらゆっくりと治していく、という使われ方がされることも多いようです。

 

便秘に効く漢方薬を服用していると、自分の体質にぴったりとあっていた場合、「標本同治」(ひょうほんどうち)と言って、便秘が治るにつれて、奥に隠れていた他の症状も改善されるという、うれしい効果があることもあります。自分にあった便秘解消法の漢方薬を選ぶためには、しっかりとした漢方医の元で、診察を受けることをおすすめします。

 

 

続きを読む≫ 2016/06/07 23:58:07

 

 

人の身体には、360あまりのツボがあると言われますが、もちろんその中には、便秘のツボもあります。便秘のツボの場所を覚えて、ちょっとした時間にながら押しするのも良いと思います。腸の運動を促して、便秘を改善するのには、ツボ押しを習慣にすると良いでしょう。

 

おへそとみぞおちの中間の場所に中かんというツボがあります。このツボの回りを5分間程度、円を描くように、優しくマッサージします。もみほぐすようなイメージで行って下さい。おへその真横、指の横幅2本分の位置には、天枢(てんすう)というツボがあります。

 

また、腎ゆというツボが、一番下のあばら骨を触りながら、背骨までたどり、その背骨の下のへこみの両脇から指の横幅1.5本分(3cmくらい)の位置にあります。両脇にありますから、両方を押します。これらのツボは、軽く押したあとに、温かい感じがするまで、上下にさするようにマッサージします。

 

足にも押すと良い便秘のツボがあります。三陰交(さんいんこう) と言って、内側のくるぶしの骨から指幅4本分上で、すねの骨の後ろのくぼみにあります。足三里(あしさんり)は、ひざから指幅4本分下で、すねの外側にあるふくらみ(頸骨)のへりです。

 

便秘解消法のツボ押しは、リラックスしながら、気長に行うのがコツですよ。

続きを読む≫ 2016/06/07 23:55:07

 

 

便秘にはオリゴ糖が効くということを聞いたことがありませんか?なぜ便秘にオリゴ糖をとると良いのでしょう?それは、オリゴ糖がビフィズス菌の大好物だからです。

 

私たちの腸内には、たくさんの腸内細菌がいて、善玉菌や悪玉菌にわけられることは、もうみなさんご存知だと思います。善玉菌の代表格、ビフィズス菌は、オリゴ糖がエサになると、どんどん増えて強化されていきます。ビフィズス菌が増えると、悪玉菌が減りますし、病原菌や食中毒を防ぎ、腸内が健康な状態で保たれるようになります。

 

また、ビフィズス菌が多い腸内では、腸の働きが活発になり、有害物質を排除しようとする働きも高まりますので、その結果、便秘も解消されていくということです。

 

便秘をオリゴ糖で改善するためには、効率良くオリゴ糖を摂取することが必要です。便秘に効くオリゴ糖を含む食品には、タマネギやアスパラの他、はちみつなどがありますが、含まれるオリゴ糖はとても少量なので、便秘を解消するだけとろうとすると、毎日とても大量に食べなければなりません。これは現実的な便秘解消法ではありませんよね。

 

オリゴ糖を便秘の解消法として摂るのであれば、やはり市販のオリゴ糖を料理などに入れて、毎日摂取できるようにするのが、効率的な方法と言えるでしょう。

続きを読む≫ 2016/06/07 23:53:07

 

 

便秘に効く特効薬と言われる食べ物には、食物繊維が多く含まれるもの、発酵食品、乳酸菌などがあります。

 

即効性があるとなると、やはり便秘薬や漢方薬、便秘茶などが、効果が高くなりますので、緊急性によって、薬と食品を使い分けると良いのではないでしょうか。

 

 

便秘が習慣になっていない人であれば、便秘に効果的なものを食べるだけでも、症状が改善されるかもしれません。

 

便秘の特効薬的な食べ物と言われるのが、ビフィズス菌などを含んだ機能性ヨーグルト、牛乳、チーズなどの乳製品、プルーンやサツマイモ、ゴボウ、バナナ、リンゴ、海草などの繊維の豊富な食品、キムチや納豆などの発酵食品も、便秘に効果があると言われています。

 

 

便秘に効くオリゴ糖やケフィアの他、便秘には酵素を取ると良いとも言われます。即効性は薄いかもしれませんが、日頃から摂るようにしていると、便秘の特効薬としての効果は期待できます。犬のしつけ飛びつき

 

便秘に良いのはやはり和食です。ホウレン草のおひたしや、きんぴらごぼう、かぼちゃやさつまいもの煮物など、便秘に効果のある献立が和食には豊富です。長いもやオクラなどのネバネバした食べ物も便秘解消法として役立ちます。

 

これらを毎日食べ続けることで、便秘もどんどん改善されていくことと思います。こうしてみると、便秘の特効薬は、改善に取り組む根気かもしれませんね。

 

 

続きを読む≫ 2016/05/31 21:20:31

 

 

便秘治療で大切なことは、食事、生活習慣、運動の3つです。

 

規則正しい生活で体のリズムを整え、便秘の元となっている食事を見直し、運動不足を解消すること。これだけでもずいぶんと、便秘の治療には効果があがるはずです。

 

食事は朝、昼、晩、と3食、しっかりと取ることです。朝食抜きなんてもってのほか。朝、食事をしたあとが、一番のチャンスタイムになります。食事の内容は繊維の豊富な物を中心に、栄養バランスのとれた献立を。和食を基本に考えると、便秘解消法として効果の高い、食物繊維や発酵食品を取りやすく、健康にも良いメニューができます。

 

水分を多めに取ることも心がけましょう。水分が足りないと、便がかたくなり、スムーズな排便を妨げます。

 

ストレスをためないことも重要です。ストレスが重なると自律神経の働きにも悪影響を与えてしまいます。そうなると当然、排泄のリズムも狂い、便秘になりやすくなってしまいます。便秘を気にし過ぎることも人によってはストレスになりますから、気長に考えるようにしましょう。

 

運動不足も便秘の治療には大きな悪影響を与えます。軽めの運動でもかまいません。毎日身体を動かす習慣をつけて、全身の血行を良くしましょう。

 

便秘の治療は小さなことの積み重ねを、根気よく続けることが大切です。あきらめずに、取り組んで下さいね。

 

続きを読む≫ 2016/05/31 21:17:31

ホーム RSS購読 サイトマップ